リハビリはその人の自立心を助けるものだなと祖父のリハビリを見て感じました。

実家で状況する前に6年祖父の介護をしていました。
介護はその人に合わせていろんな側面からサポートしていくことであり、その人にとって望むことを尊重してあげることだと思ってます。まぁ、祖父はあまり自己主張がなくて、ちゃんと希望だったのかわからないですけど。リハビリはその人の自立心を助けるものだなと祖父のリハビリを見て感じました。旅行が大好きで活発でドライブも好きな祖父で幼い頃はよく遊びに連れて行ってくれていましたが、脳梗塞になり左半身麻痺が残ってしまい好きなことが全て出来なくなり、部屋から出なくなりました。自分でやりたいって人ですので、申し訳なさそうに頼むようになりました。
しかし、リハビリをきちんと始めて少しずつ自分で出来ることが戻り、出来ないことはもちろんありますが、それは病気のせいと割り切って出来ることを一生懸命に行っています。割り切っているか笑顔でお手伝いを頼むようにもなり、祖父の自尊心が戻ってきたなと感じられました。大切ですね。

 

母が膠原病で、今は月に1回の通院となり当初よりは改善されてきてはいても、私がフルタイム勤務の為、どうしても家事仕事が母メインとなってしまっています。
その為、朝起きたら洗濯を手伝い、洗い物は私がやる、帰宅後も同じ事をやり、重い物を持ち上げる時や、高い位置への収納等、細かい事も私がやるようにしています。
私自身もフルタイムの仕事で疲れもあったり、ストレスも溜まったりして、苛立ちを感じる事も正直ありますが、母の場合は完全介護でもなく、半介護であり、なによりも母自身がえらくてツライのだと考えるようにしました。
また、色々お世話や手伝いをする事によって、母が少し笑顔だったりするのを見ると救われますし、完全介護だとまた感じ方や考え方も違ってくるとは思うのですが介護する側も考え方次第なところもあり、周りに話しだけでも聞いてくれる人がいれば、もっと救われて、介護に対しての気持ちも変わると思います。

 

現在3にんの子供ない家事をしながら近所にいる父方の祖母の介護をしています。ヘルパーさんを週4日デイサービスに行く祖母の送り出しをお願いしており、私は週2日だけ夕食を届けています。私自身、短大卒業後から結婚するまで7年半ほど特別養護老人ホームで介護職で現場やショートステイの担当をしていたので知識はあり、父や義兄の代わりに今お手伝い程度に介護をしています。祖母は90歳ですが認知者は無く、足腰も強いのですが自身でご飯を作ったり、買い物は出来ないのでヘルパーさんや、週5日でデイサービスに通っています。リハビリは特にしておらず、デイサービスでほぼ過ごしています。月に1回、ショートステイも利用しています。

関連サイト:介護の本音・リハビリ生活の今

 

 

年寄りの回復力ではいくらリハビリをしても、時間がかかるものだと思いました。

先月、実母が左足の股関節を骨折し、現在も入院しています。
母にとって初めての入院です。母は、私たち姉妹が結婚をしてから、一人暮らしをしています。私を含めて身内には迷惑を掛けたくない!という思いが強くあるので、毎日、理学療法士による歩行訓練やリハビリを40分位行なっています。入院5日目ぐらいからは、車椅子を駆動し、自力でトイレに行っています。後期高齢者でもあり、老けたな。。。と、つくづく思いました。そんな母親を見て、昔からやっぱり強いなーと思いました。今の時代、ちょっとの骨折では、介護認定も降りないと思います。現在、在宅復帰に向けて頑張っているので、私は、あまり何もしてあげられる事はないけれど、自分もいつかは年を老いていくので、母との時間も大切にしようと思いました。

 

私は現在22歳で、ありがたいことに身体は元気なので今は介護する側であり、なくなったおじいちゃんを約2ヶ月間介護しておりました。正直自分ご健康だと介護するのは相当大変だし、面倒だなと感じました。また、まだ生きているおばあちゃんは軽いスポーツをするのが好きなのですが一度手をついた時に腕を骨折してしまいました。私自身も、骨折をした経験がありリハビリをした事がありその時は地道なリハビリをすることによって骨折などの怪我はすぐ治ると実感していたのですが、年寄りの回復力ではいくらリハビリをしても、時間がかかるものだと思いました。どちらにせよリハビリは地道に継続をしてやることが大切だと思いました。これからリハビリをすることがあれば継続してやりたいと思います。

 

母が病気になり、その後リハビリが必要な状態でした。今はリハビリのおかげで元通りの生活ができていますが、リハビリの辛さや痛み大変さを毎日のように聞きました。また、リハビリをしたからこそ今元通りの生活に戻れていると言っておりました。
リハビリの痛さや続けることの大変さ、精神的苦痛などもたくさんありますが、リハビリによって元の生活に戻れる効果は効果や喜びは大きいと思います。 また現在自宅の隣にリハビリ施設ができ、毎日リハビリを行って歩く練習をしている方や バランスボールに乗ったり、理学療法士の方と 一緒に元通りの生活を目指して取り組んでいる姿を見ると心から頑張れと応援したくなります。もちろん病気をしたり事故に遭わないことが一番ですが リハビリを通して より良い生活を送ろうと努力している方々を目にするととても心が打たれます。

 

 

 

 

トイレ介助や食事介助のリハビリをしています。

私は現在障害者施設でリハビリや介護の仕事をしています。

個別でリハビリをしているのですが、利用者様の満足感を与えるためにしている感じがします。身体機能的には、これ以上よくなるということはありません。車いすの座り方などの指導をして、姿勢をよくしたりはしています。しかし身体機能がアップするということはありません。
トイレ介助や食事介助をしています。トイレ介助も家族様の思いがとても強い気がします。尿意便意がない人もたくさんいますが、トイレに座らせています。トイレで出ることはありません。座らせたという事実が必要だと思います。みんなと同じ生活に近づけるためにという家族様の思いがとても強いと思います。
本人様よりも家族様の満足度を上げていると思います。

 

私は現在、実の母の介護を補助的に手伝っています。普段は、父が1人で介護しています。そもそも、去年の夏頃に母が段差につまづいて、骨盤骨折をするほどの大怪我をしてから、歩くこともトイレに行くことも補助してあげないとできなくてなったのです。それに伴って、認知症の診断を受けて、要介護3の認定を受けています。父も70歳なのに、普通に仕事をして帰ってから母の世話をしています。父が仕事に行っている時は、デイサービスに行ってみてもらっています。私は出来るだけ父の負担を無くしたかったので、夕飯を作ってあげたり、オムツなどの消耗品を買ってあげたり、とにかく補助的には手伝っています。それでもまだ何かしてあげれることがあるのではないかと思っています。

 

現在、地域包括支援センターにて介護支援専門員として勤務しております。独居高齢者及び、高齢者夫婦のみの世帯が多く老老介護や認知症高齢者の
介護の現状を目の当たりにしている状況です。出来るだけ要介護状態にならないよう、在宅生活においてリハビリを取り入れていくことが重要だと考えます。
通所リハビリや外来リハ等、専門職がいる場所でのリハビリはもちろん身体機能維持・向上を図るうえで効果的です。同時に、その方がその人らしい生活を
長く継続できるよう、買い物へ行く、調理をする、掃除をする、他者と交流するというような生活リハビリは介護予防にも繋がると考えます。

今年の4月より要支援・要介護者の外来リハ(物理療法除く)と介護保険の併用が原則できないこととなり、対応に追われています。

 

介護靴 リハビリシューズ